2022/3/2 AAC CVや他のキャブへの取付について

元々S&S Super E 用として製作されたAuthentic Air Cover(以下AAC)ですが、実は他のキャブに装着できる裏技が存在します。

まずAACの基本構成をご覧ください。

2ピース構造となっておりEキャブに取り付けるベースとカバーがあります。

実は弊社の他のキャブカバーのベースを使ってAACを他のキャブに着ける事ができちゃいます!

左下がAACの正規E用ベース、極限まで薄く作られ研磨まで入っていてとっても手がこんでいます。

右下が弊社HZT115シリーズのB用、右上が同CV用ベースとなっています。内径や取付用の足の長さは違いますが実はAAC E用ベースと取付ピッチが同じでどれも左上のAACカバーの装着が可能です。

ただし装着するキャブによって若干注意点がありますので以下個別に解説していきます。

CVキャブ

CVキャブ用のベースの一番の違いは取付用の足の長さが前後で同じという事です。そのため写真のようにキャブカバー自体がキャブに対して若干前にマウントされるようになります。

AAC E用ベースは前が短く後ろが長くなっていてカバーの円弧の中心とキャブの中心が同じになるようになっていますが、CV用はキャブカバー全体の中心とキャブの中心が同じになります。

CV用ベースの足が前後で同じな理由についてはまた別で説明いたしますが、こういった見た目の違いがあります。

 

B キャブ

見た目はほぼEキャブと同様に装着が可能なのですが、元々空気の流れに敏感なキャブなのでEキャブ用に製作されたAACカバーを装着してセッティングが出るかどうかの保証が出来ません。上手くいった前例はありますが、そこに関してはお客様責任となってしまう事をご了承いただく必要があります。

ちなみに元々Bキャブ用に製作されたHZT115シリーズに関しては多数の装着テストによりセッティングの出る事が証明されております。

 

SUキャブ

SUキャブの場合ですが、他のベースを使う方法ではなく弊社の『穴変換アダプター SU to S&S E』を装着する事でAAC が装着可能になります。

 

 

最後にご注文方法ですが、AACをカートに追加しレジへ進み、配送方法や支払い方法の下の注文オプションのコメント欄に

『CVキャブベースへの交換希望』もしくは『Bキャブベースへの交換希望』

とご記載いただければAAC のE用ベースと必要なベースを交換の上、同価格にて販売させていただきます。

SUの場合はE用ベースも必要ですので、AACアッセンブリーに追加して『穴変換アダプター SU to S&S E』をご購入ください。