W650用 キャブレタートップカバーの交換方法

FORK製 W650用 キャブレタートップカバーの交換方法

まず交換に必要なものですが、

プラスドライバー・ラジオペンチ・10mmのスパナの3点あればオッケーです。

キャブのトップカバーの交換なので、キャブ自体を外さなければいけないと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、これから説明する方法はキャブではなくタンクを外し、真上からドライバーを回せる状況にしてトップカバーのみを交換するやり方です。

タンクを外さなくてもトップカバーのプラスネジを緩められれば交換は可能だと思いますが、「急がば回れ」という諺もあるように、タンクを外し、しっかり真上からプラスネジを押しながら緩める方が結果ネジをなめたりするリスクも少なく近道かと思いますので推奨いたします。

前置きはこれくらいにして手順の説明に入ります。

m9468

 

m9470

m9471

m9473

m9476

m9478

m9479

m9488

m9489

m9490

m9492

m9493

m9510

m9497

m9498

m9501

m9504

m9506

m9508

m9513

m9516

m9518

m9520

m9521

キャブを外さなくて良いので、比較的簡単でリスクも少ない方法かとは思いますが、この説明を見た上で、自信が無いと思われる方はバイクショップにご依頼ください。

センサーカバーの取付方法はコチラになります。

 

 

W650用センサー(スロットルポジション)カバーの取付方法

W650用 スロットルポジションセンサーカバーの取付方法です。

必要な工具は3点

T-20 いじり止め付きトルクスレンチ(別名:ヘクサロビュラレンチ)

+ドライバー

マーキングの為のペン(黒に書いても目立つ色がおすすめ)

以下図解手順です。(写真クリックで拡大表示されます)

w650センサー取付

2013/3/31 関東スポーツスターミーティング出店&Facebook 連動企画

 

2013年4月7日 千葉県幕張市「幕張海浜公園 Dブロック 浜の駐車場」にて開催される

「関東スポーツスターミーティング」にブース出店いたします!

元々スポーツスター乗りの有志の方々が始めたイベントで、なんと今回で11回目を数え、規模もどんどん大きくなってきているそうです。

初参加だった昨年はぶらっとツーリングも兼ねて会場入りし、イベントを楽しませていただいちゃいましたが、2回目の今回は少しでもイベントを盛り上げる側になれるように協賛品の提供と企画もご用意いたしました。

 

 

その企画とは・・・・・・・・

今話題のFacebookと連動してイベントを更に楽しみながら弊社をもっと知っていただこうというものです。

「ブースに遊びに来てください!」という事が趣旨なのですが、イベントにいらっしゃる方でFacebookをやっている,もしくはこれから始めようという方がいらっしゃいましたら、是非弊社のFBページに「いいね!」をして当日弊社ブースに遊びに来てください。

そこで話のタネに「<いいね!>しました。」とお伝えいただき、ご本人確認をさせていただけますと、もれなくステッカー等の記念品をプレゼントさせていただきます。もちろん当日ブースに来てから「いいね!」をしていただいてもオッケーです!
弊社Facebookページはこちら

更に更に!弊社パーツのご購入をご検討中の方でミーティングにいらっしゃる方には超朗報です!

上記と同様に弊社Facebookページに「いいね!」していただき、イベント当日にパーツのご購入(もしくは予約)をしていただきますと、なんともれなく10%OFFとさせていただきます!

こうなったら「いいね!」してスポーツスターミーティング行くしかないっしょ!!

 

 

2013/3/10 サンデーチョップチキンレース 写真アップ!

まずは私、そんな速くないですが雰囲気だけはいっちょまえです。カワジャンが派手すぎます(笑)

続いて友人F君、雑誌の表紙を飾ったこともあるショーバイクですが、ガンガン走ります。

続いて泣く子も黙る黒きシート屋、スカンク久保田くん。

ガーターフォークをものともせずカッ飛んでます。

こちらはberry Bads 杉本ちゃんの美しいコーナーリング!

最後はBRAT高嶺さんとロケット星さんの激熱バトル!

ちなみに高嶺さんブロックタイヤです!スゲ~。

私は遥か後方を走ってたので見れませんでしたが・・・・。

他にも速い人いっぱいいましたが、偏ったアップでスミマセン。

 

2013/2/1 加工用鋳造素材の一般販売を開始いたしました。

 

本品は好きな形に切り出し、加工、溶接などをしてパーツを製作する為のアルミのフィン板材料です。

ヒートシンクとして販売されているものもありますが、どれも薄く味気のないものがほとんどで、他の部品から切り出そうとしても丁度いい大きさのものはなかなかないというのが実際の所ではないでしょうか。
本品はアルミ砂型鋳造製で砂肌そのままでの販売となります。
フィンのピッチは9mmと14mmの2種類、サイズはそれぞれ200x200(mm)と100×100(mm)の2サイズ、素材はAC4B(溶接可能)となっております。
底面は平面状ですが、表面はフィン自体の高さがありますのでトップを削ってアールをつける等、より立体的な表現も可能です。 (ただし熱して曲げるのは難しいです。)各部カバーの製作や工夫次第ではいろいろな物に変身できる素材ではないでしょうか。

ピッチ9mm  サイズ100x100mm   3,600円

ピッチ9mm  サイズ200x200mm 11,200円

ピッチ14mm  サイズ100x100mm 3,600円

ピッチ14mm  サイズ200x200mm 11,200円(価格はすべて税込)

過去に販売協力店様のみにご案内し、ひっそりと販売をしておりましたが、やはり加工して使うのが大前提の材料ですので業者の皆様に広く知っていただければという思いからウェブショップ掲載した次第でございます。(当然業販可能です)

もちろんガッツのある一般のお客様にごご活用していただくのも大歓迎です!